2014年03月29日

葉隠れマッチ3に参戦しました(装備編)

先週の日曜日に、「葉隠れマッチ3」に参戦しました。

何時もドイツ系の装備で参加していましたが、
今回はプライマリーをG36Cから「SCAR-H」に、


セカンダリーをG26ADから「G17」に持ち替えての参加でした。



プライマリーを持ち替えた理由は・・・
1.トリガーの引きしろが長い
2.トリガーを引いてからのロックタイムが長い
3.マグチェンジがあれば、G36より早くチェンジできそう
4.実銃が7.62mm弾を使うライフルは格好よい(笑)
5.マッチに合わせて、色んな装備が使えるように

あとは、パチElcanを使ってみたいと思っていた所に、
ちょうどよい素材を発見。
撃ってみると…初速が箱出しで0.2g弾で93m/秒くらい。

これは、葉隠れ系を除く一般的な「アンリミテッド」などの、
長物を使えるマッチの多くが「0.8J以下」というルールがあり、
なかなか使うチャンスがなく眠っていました。

G36のロックタイム短縮はFETを必要とします。
「どうしたものか…」と考えたあげく、
SCAR-Hのスプリングを「2巻半」切ってみました。
これで、一般的なマッチで使えるようになりました♪…という物。
(因みに初速は0.2g弾で70m/秒くらい)

トリガー:
最初から「FETでも入っているのかな?」って位に反応が速い。
しかもG36系よりもストロークが短くて使いやすい!

操作系:
G36からの持ち替えで、違和感がないのはセフティレバーの操作角度が近く、
操作上で違和感を感じないのが良いのかも?
剛性感が高く、クリック感も向上していて安心して扱えます。

マガジン:
G36系と異なり、マグリリースはボタンひとつでOK!
しかも、バンパーが付いているので多少は安心感があります。

ストック:
グリップとストックの位置関係が素晴らしい!
ピッタリとフィットした感じで、信頼度がUp!です。

バッテリー:
Li-Poバッテリーを使用していますが、
もう…膨らんできているので買い替え時期かな~と。

ダットサイト:
見た目が格好良い!ので買ってみた物。
パチELcanですが、なかなか綺麗な視野を確保できています。
ただし「1x⇔4x」を切り替えると…狙点が若干ズレます(笑)
なので、普段は等倍でしか撃って居ません。
他に、元々が1xにしても1.5xくらいな感じで、
微妙にズームが利いています。
アイリリーフが一発で決まれば、等倍ダットとあまり差異は感じません。

ただし、今回の内容からするとAimpointを使っておくべきだったかも。
等倍ダットの良さを痛感した気がします。


次に、セカンダリーをG26ADから持ち替えた理由は・・・
1.GUNドロップでDQを貰う訳にはいかない!
2.ローライトがあるとの事で、ライト付きで収納できるホルスターが必要
3.G26ADは、まる三年以上、色んなマッチに使用しているので精度が低下中

G26ADは、使い慣れた銃であり「マッチ参加=G26AD」というくらいで、
毎回のように酷使していました。
アウターバレル、チャンバーブロックを交換しましたが、
既にチャンバーパッキンも交換時期だったようです。
メンテしなきゃ…。

使い始めた初期に比べスライドの保ちが格段に向上!しました。
短ければ「200発未満」でも、スライドが割れたこともありましたが、
ただ単に「発射サイクルを落とした」だけで、
グロック系の泣き所「スライド先端の割れ」もなく、
超長期の丸三年以上も同じスライドで撃って居ます。
これは、扱い方が悪かったのかな~と反省中。

他に、G17特有の「トリガーバーが曲がる」というのがあり、
後発のG18Cでは倍くらいの厚みになっていたり。
(G17は、G26系のトリガーバーなのでG18Cのは付かない…)

コレが曲がるとどうなるか…スライドが下がったままで戻らない症状になる。
しかも、その状況に「イチバリケード」で初弾で発生!
あとは「エアコキ」みたいな感じで撃ち切り、
何とかペナルティ無しでクリア。
冷や汗と脂汗を同時に掻いた気分でした。
メンテしなきゃ駄目ですね~(汗)

コース編は…次回に(^^ゞ
今から、車検の件で日帰り帰阪です(汗)
アンリミの練習が~~~~~っ(汗)





同じカテゴリー(葉隠れマッチ)の記事
 葉隠マッチ4に参戦します (2015-04-10 00:56)
 葉隠れ予備校に参戦(2014) (2014-04-21 23:45)

Posted by ポメラニアン  at 13:04 │Comments(0)葉隠れマッチ

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。